トップ / 通信制高校の意義とは

通信制高校の意義とは

通信制高校の良さとは

通信制高校のメリット

通信制高校とは、高等学校や中等教育学校の後期課程を、通信制の課程で行える教育のことです。在学者は毎日登校する必要がないため、自由に時間を活用することができ、アルバイトや仕事をしている人や芸術やスポーツのプロ、プロを目指している人、もう一度勉強をしたい高齢者、身体的に学校に通えない人など普通の学校では出会うことのできない人と出会えるのが、通信制高校の魅力とも言えます。個人の都合に合わせて自由に通うことが出来ます。

顔の描き方

通信制高校へ通う利点

通信制高校は、全日制の高等学校に比べると出席しなければならない日数が圧倒的に少なく、全日制と同じように3年間の単位の修得によって卒業ができます。全日制の高等学校のように平日に毎日、登校する必要がないため、空いた時間を自分なりに有効的に使えるという利点があります。また、以前に何らかの理由で高等学校を中退してしまった方がもう一度、高等学校でまた勉強してみたいという場合や、高校卒業の資格がほしいが、ほかにもやらなければならないことがあるという方にも時間的な面において通信制高校で勉強することは良いでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校で育つ個性について. All rights reserved.